誰でも年に何回かは、食の贅沢で至福のひと時を味わいたいと思うものです。

これだけは金に糸目をつけたくない食べ物
これだけは金に糸目をつけたくない食べ物

誰でも年に何回かは

誰でも年に何回かは、食の贅沢で至福のひと時を味わいたいと思うものです。
その方法は外食という方もいれば、家庭でという方もいらっしゃることでしょう。我が家でも、若い時分は外食派でしたが、昨今では家庭派になってきました。

特に食べ物のおいしい秋には、必ず年に一回、国産の松茸を堪能します。中国や韓国、カナダ産など安価なものも出回っていますが、炊き込みご飯にしたり、お吸い物にしたりした際、国産の松茸はその香りの出方がまったく違い、とても上品で高貴な味わい、それにしっかりとした歯ごたえが魅力です。

その際に、こだわっているのが出汁です。
せっかくの高価な食材をいただくのですから、出汁もそれなりなものを使わなければ意味ありません。ですから、この季節は、出汁に使う昆布も北海道羅臼産と決めています。
まろやかな出汁のわりには、マツタケに対して主張しないのが好きです。
決して、インスタントの昆布だしなどの化学調味料は使いません。
それに、一緒にいただくおかずにもこだわります。同じ時期に旬な食材をいただくのです。
例えば、サンマの塩焼き、戻りカツオのたたきなど、その時々で手に入りやすい食材を付け合せします。
国産の松茸は、中型でも一本1万円近くしますが、外食すると思えば安いものです。

Copyright (C)2017これだけは金に糸目をつけたくない食べ物.All rights reserved.